胃がん手術も渡辺謙はヤクルトで克服か?息子大は青山学院大卒の俳優

      2017/03/30

Pocket

渡辺謙さんといえば、日本を代表するハリウッド俳優として知らない人はいないですよね。

最近だとハリウッド映画「バイオハザード」にタレントのローラさんが出演したりして話題になりました。いやーかっこいいですよね!あの芦田愛菜ちゃんも「パシフィックリム」で2013年にハリウッドデビューしていたりもするみたいですよ。

そんな中でも渡辺謙はやっぱり別格といったところでしょうか。「ラストサムライ」に始まり、「インセプション」「ゴジラ」などと出演数がすごいですね。

そんな無敵な印象の渡辺謙さんですが、やはり病気は恐ろしいもので、過去にがんと闘病していた時期があるそうなんです。

Sponsored Link
 

胃がん手術だけじゃなく白血病も!?回復の秘訣はやっぱりヤクルト?

渡辺謙さんは2016年2月9日、所属事務所を通じて胃がんを患っていたと発表しました。

胃がんと言えば、胃を全摘出して食事をあまり取れなくなってしまう怖いイメージがありますが、なんと早期の発見だったために内視鏡手術により切らずに済んだとのこと。

この早期発見ができたのも、奥さんの南果歩さんが人間ドックに行くように勧めてくれたからだそうで、さすが芸能界きってのおしどり夫婦といったところでしたね(過去形)。

逆に、妻の南果歩さんが現在乳がんと闘病中にも関わらず、旦那は他の女性とごにょごにょ…っていうんですから、なんともな気持ちではあります。

とまあそんな状態ではありますが笑…もっと前の1989年から白血病も2回患ったとのことでなんとも運が悪いです。その時は撮影中のドラマも降板して骨髄移植したそうでなかなかに壮絶ですね。

そんな困難だらけの渡辺謙さんですが、今でもあんなに元気なのは毎日のヤクルトが関係しているんだとか!

ヤクルトって子供のころジュース感覚で毎日飲んでた記憶がありますが、白血病に限らず病気の予防に効果がすごいあるみたいなんです。もちろんガンにも!ヤクルトに含まれてる乳酸菌シロタ株ってのがすごいらしいです。

ヤクルトのおかげで白血病を克服した渡辺謙さんは、結果1999年にヤクルトのCMにも起用されています。

今度は胃がん手術をすることになりましたが、現在あんな元気に遊んでいるのはやはりヤクルトの力は少なからず関係しているんでしょうね笑。

 

渡辺謙と南果歩 子供の渡辺大は高身長イケメン!?出身大学は…

渡辺謙さんと南果歩さんの間には2人の子供がいます。

長男が渡辺大(だい)さんで、長女が杏さんですね。どちらももう結婚されていて、杏さんの姓は東出になっています。

でまあ、見出しの話なんですけど、そもそも渡辺謙さんが高身長イケメンなので、そりゃ息子も同じくかっこいいだろうというのは容易に想像ついちゃいますね。

渡辺謙さんの身長は184センチ、息子の渡辺大さんは185センチ。わずかに大きいですが、どちらも巨人です。もちろん娘のさんも高身長で174センチ、綺麗ですしファッションモデルとして納得です。

こういうところを見るとやっぱり遺伝ってものを感じさせますね。ちなみにハゲの遺伝は父親よりもおじいちゃんが関係するって聞くんですけどどうなんでしょう、最近ちょっぴり心配で笑

で、さらに渡辺大さんは青山学院大学出身というじゃないですか!これはもうモテまくったでしょうね。

ミスコンが有名ですもんね、アナウンサーの登竜門と言われるあの。

かわいい女の子がまわりにいっぱいいて、かつイケメンとかもうね…笑

Sponsored Link
 

渡辺大も俳優で活躍!一時期のドラマでは別の芸名を使用!?

そんな渡辺大さん、親がハリウッドスターですからね。デビュー当時は渡辺謙さんの息子ということを隠していたそうです。

それが新晋一郎という芸名を使っていた理由なんでしょう。まあ声も顔も似ているからすぐにばれちゃったみたいですが笑

そのデビュー作『壬生義士伝〜新撰組でいちばん強かった男〜』での役は、父親の渡辺謙演じる吉村貫一郎の青年期役。そりゃあバレますよね笑

そういえば、よくドラマで過去の回想のシーンってありますよね。回想中は子役だったりに過去を演じてもらうという。それが割と引っかかっていたんですよね、似てないよなぁと。

もちろん大人の時と子供の時を両方演じることはできないので仕方のないことなんですけど、無意識に目がいってしまって変に気になっていました。

でも渡辺謙の青年期息子の渡辺大が演じてるんですから、そりゃあもうリアルだったでしょう。制作側はやっぱり意図して選んだんですかね、そこもちょっと気になりますね。

今ではもう父親が渡辺謙ということが有名になりすぎてますけど、それに負けないくらいドラマなどで活躍されてます。ぜひともこのまま突き進んで欲しいですね!

 - 芸能