オオハシの値段や飼育の難しさは?この鳥の名前の由来はそのまんま?

      2017/03/21

Pocket

コンゴウインコなどのカラフルなオウムが南国の鳥として有名ですが、「オオハシ」という鳥も南国の映像でよく目にしませんか?

体の大きさに比べてくちばしが異様に大きいあの鳥です。チョコボールのキョロちゃんくらいクチバシが大きいですよね。

ワンピースの空島編で出てくるサウスバードもこのオオハシがモデルでしょう。様々なところで活躍中の鳥ですね。

Sponsored Link
 

オオハシの名前の由来は?

クチバシが特徴的なので当然そこに関係した名前を付けないわけがありませんよね?

そうです。オオハシを漢字で書くと「大嘴」。つまり、「大きいクチバシ」という名前なんですね。

「ハシ」にはクチバシという意味があります。もともとクチバシという言葉は、「口の端」からきているので、「ハシ」だけで「クチバシ」を意味するのも納得です。

他にも「ハシ」が付く有名なものとして、「ハシビロコウ」という鳥がいますが知っていますか?動かない鳥として有名な。

こちらも漢字で書くと「嘴広鸛」。名前からもわかるようにこちらもクチバシが大きいです。ちなみに「鸛」はコウノトリを意味していますよ、コウノトリの仲間ではないんですけどね・・・笑

オオハシのペットとしてのお値段は?

このオオハシという鳥、テレビや動物園でしか見ることがないと思っていたんですけど、意外や意外、実はペットとして飼うこともできるそうなんです。

オオハシにも種類がたくさんいて、値段は30~50万円とかなりの高額。体の大きさは30~60センチほどで、中型~大型に位置する鳥なのでやっぱりこれくらいはしてしまいますね。

一番大きいのがオニオオハシという種類で、こちらは66センチとすごい大きさ。くちばしもその分大きくなっています。

さらにオニオオハシは別名で、オオオオハシとも言うらしいです。「オ」がなんとも多いですね。言いづらい笑

4文字も同じ音が続くなんてとても珍しいですよね。大奥とかでも3文字ですし、3文字がマックスだと思っていたので驚きというか、トリビアが一つ増えてちょっと嬉しかったり笑

Sponsored Link
 

飼育の難度は?初心者でも飼える?

オオハシの飼育は、ペットとして飼える鳥の中では最も難度が高い部類に入ると思われます。

この鳥は飼育方法がまだ確立されておらず、野生では50年ほど生きると言われているところが、人間の手では15年ほどの寿命しか確保できていないのが現状だそうです。

大きなクチバシを傷つけないためにも大きなゲージが必要ですし、声も大きいのでかなり上級者向けのペットということになりますね。

この鳥のことが好きなのであれば、飼うよりも動物園などに頻繁に足を運ぶ方がいいと思いますね。中にはオオハシと触れ合える場所もあったりしますよ。

 - 未分類