鳥の歌姫カナリアって?鑑賞用として特に人気の鳥

      2017/03/14

Pocket

タイトルのカナリアという鳥なんですが、歌が上手な描写がよく描かれています。鳥が何羽か並んで綺麗な声で歌を歌っているみたいな感じの描写がよくありますよね。

たしかに鳥といったら綺麗な鳴き声で鳴くんですけど、鳥で歌が上手と言えば、鳥好きならばこのカナリアという鳥を誰しもが思い浮かべると思います。カナリアという鳥はそれくらい歌が上手なんですよ。

大きさは20センチほどの小型の鳥ですね。

文鳥って知ってますか?その鳥と同じでフィンチと言われる部類の鳥です。でも文鳥よりかは少し大きめの鳥で、色が単色でとても綺麗なのも特徴ですね。

このカナリアという鳥は、ペットとして人気の鳥ではあるんですけど、コミュニケーションは苦手な部類なんですよね。

どちらかというと鳴き声を楽しむ、いわゆる観賞用の鳥として人気が高いです。

さらに品種改良されたりして、巻き毛のカナリアだったり、モデルの様にハイヒールを履いたかのような背の高い姿のカナリアだったりと、見た目で楽しむために様々な種類のものがいるのも特徴です。

私は実際に飼ったことはないんですけど、ペットショップに行った時に聞いた、澄んだ歌声がやっぱり印象的ですね。人気が高いのも納得という感じです。

カナリアといえば、「カナリア」と「カナリヤ」でどっち?みたいなので悩むときなんかよくありますねー。

わかりやすい例で言うと、「ダイヤモンド」と「ダイアモンド」って正確にはどっち??みたいな。

この話では、「ダイヤ」の方が正式で、カナリアは「カナリア」の方が正式みたいです。こんがらがりますね笑

「ア」だったり「ヤ」だったり。さすがにこれは覚えるしかなさそうです。

まあカナリアについての正式名称についてはほぼほぼ使うことはないかもですけど、世の男性の方はプロポーズの時なんかはダイヤモンドの指輪は定番ですからね。覚えていて損はないかもしれませんね。

それと「カナリア」って芸人知ってます?紙芝居形式のネタをする芸人。

有名なのでいうとアンパンマンの紙芝居のネタの芸人ですね、紙芝居「アソパソマソ」。

全部の「ン」を「ソ」に置き換えるネタで、これがおもしろいんですよね。

発想は小学生みたいでくだらないと言えばくだらないんですけど、結構子ども思考なところが強い私にはツボな芸人ですね。最近はあまりテレビで見かけないのでまたテレビで新ネタ披露してほしいなと思いますね。

他には、こっちはカナリ「ヤ」ですけど、「カナリヤ鳴く空」って知ってます?東京スカパラオーケストラの。

私もあまり東京スカパラオーケストラに関して詳しいわけではないんですけど、これを歌ってる「チバユウスケ」ってボーカルの人が好きなんですよね。「ミッシェルガンエレファント」や「ROSSO」とかのグループで有名な、ちょっと前のJ-Rockを牽引した人物ですね。

ブランキージェットシティの浅井健一と並んでレジェンドなんて言われてまよね。

どちらもめちゃくちゃ好きですねー。

と、話がそれましたが、意外にもいろんなところで名前は使われてますね、カナリアって。

ホント歌声も見た目も美しくて上品なので、一度見ていただきたい鳥ですねー。

 - 未分類