ツバメとスズメってなんか似てない?見た目も名前も

   

Pocket

名前が3文字で最後が「メ」って鳥が身近にあんまりいないからでしょうか。

なんか似てるなーとずっと気になってました、名前的に。

しかも、名前が似てるなーと思っていると、姿形もけっこう似てるなーと錯覚してきます。

ツバメはスズメ目ツバメ科、スズメはスズメ目スズメ科となっており、まあ近いと言えば近い存在なので、似てると言えなくはないという感じですかね。

実際は日常でスズメと同じような姿形をしている鳥として、ツバメくらいしか見かけないから余計に似てるように感じるというのが大きい気はしますが。

ここまでは割と私の勝手な思い込みなんですけど、みなさんツバメとスズメの英語を知っているでしょうか。

ツバメは英語で「スワロー」、スズメは英語で「スパロー」と言います。

めっちゃ似てる!!笑

なんか偶然とは思えませんよね。この2種類の鳥はやっぱりとても近いんだ、と確信に変わるような名前です。

ですが、実はただの偶然でした・・・。

ツバメは「swallow」で、スズメは「sparrow」。似てますけど、LかRかってけっこう違いますし。

ですから結論関係ないみたいです笑

ただ、こんな偶然もあるものなんですねー。

ところでツバメと言えば、私の実家にはツバメが毎年やってきていました。

玄関のところに巣を作って毎年新しい雛が巣立ってましたね。

ツバメが巣を作る家は幸せになるとかで、とても縁起が良い鳥ですよね。なのでツバメのことは好きでしたし、将来はツバメが巣をつくりにやってくるような家にしたいなあと思っています。

でもツバメが巣を作ってくれるような家って、こういうつくりにすればやってくるといったようなはっきりとした基準はないみたいなので、狙ってツバメが来るということはなかなか難しいのかもしれませんね。

よく旅館の玄関などに巣が作られて、しょうがなく撤去するとかありますけど、幸せを運んできてくれるのに壊さなきゃいけないってのは、なかなか複雑な思いなのではないでしょうか。できれば壊したくないです。

一方ツバメも、日本の冬に南国で過ごしている間に壊されて、戻ってきたときにはあったはずの巣がなくなっているというのは面食らっているのでしょうね。

そういえばツバメって夏になったら日本に戻ってきますけど、戻ってくる必要はあるのでしょうか。

そのまま南国で巣を作って雛を育ててってすれば、海を渡るという危険な行為をしなくて済むし、そのまま快適に暮らせるしって思うんですけど。

以外にも単純な理由で、実は南国の夏はツバメにとって暑すぎるからとかだったらそれはそれで面白いですけどね。

 - 未分類